【ブログ】『無駄な会議』と『必要な会議』の仕分けできてますか?

『無駄な会議』はある

世の中には沢山の『無駄な会議』があります。

「こんな会議無駄だよね~」という”会社あるある”がネタ的にメディアに上がります。

例えば、

・単なる報告会で「そんなのメールでいいんじゃない?」

・会議の目的がない、単なるディスカッション(雑談?)

・何も決まらない会議

これらは明らかに『無駄な会議』ですね。

すぐにでも会議の質を高めるか、そもそもそんな会議をしない、という対策が必要です。

 

『必要な会議』はできてる?

一方、『必要な会議』ができてない会社も沢山あります。

『必要な会議』についてはメディア掲載が少ないですね。

”ダメ出し”や”あるある”の方が記事としてとっくきやすいからでしょうか。

無駄な会議を減らすのは大事ですが、全部の会議が無駄ではないです。

①組織が抱える課題の共通理解とその解決に向かうための会議

②上司と部下のイメージのズレをなくす会議(面談)

これらは組織マネジメントをするうえで必須の会議です。

 

目の前のことに追われて、①を放っておくと、後々大きなダメージで帰ってきます。

例えば、

・高齢化が進んでいるのにノウハウの継承ができていない

・若手がどんどん辞めていく

・顧客からクレームが増えているのに根本原因が分からずその場しのぎの対応

・ビジネスリスク・コンプライアンスリスクがあるのに目をつむる

などなど。

 

また、②もかなり多いです。これがないと人が育たちにくく、徐々に組織が疲弊していきます。

・上司が部下に期待する成果や能力レベルと、部下が描く成果や能力レベルが違う

・業務改善案はあるのに上司が忙しそうで提案しづらい

・悩みがあるのに上司が忙しそうで相談しづらい

・労いの場、誉れの場がない

などなど。

組織が小さく、人間関係が比較的近いのに、

これらのコミュニケーションが取れていないケースは多々あります。

 

『無駄な会議』を減らすことは重要だが、『必要な会議』を始めることも重要

なんでもかんでも『無駄な会議』とせずに、組織として『必要な会議』はしっかり行うべきです。

私が新卒で入った会社では、週に一回、それぞれの目標進捗確認・課題提案・情報共有の場が必ずありました。

30分~1時間程度のものですが、これがあるだけで仕事がしやすい。チームで協力しやすい。

私の顧客である、中小企業・自治体ではこういった『必要な会議』がされていないケースが多いです。

『無駄な会議』は減らす一方、『必要な会議』を行うことにも目を向けてみて下さい。

最新ブログ記事一覧